「スプレッド」とはFX投資は通貨をトレードして差益を稼ぐ商取引です。取引の値は、1日中動いています。これがマーケットです。ラジオを聞いていると、外貨の為替のニュースが流れる場面があります。たとえば、「本日のドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。これは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという事を意味するのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを示しています。すなわち、取引には、買いと売りの両方の値段があります。売値のことをBID、買値のことをASKと表示しているFX会社もあったりします。売値のほうが買値よりも低く定められています。自分が買値は高く、売値は安くなっています。この差額をスプレッドといい、取引会社の儲けといわれています。スプレッドの差は会社によって変わります。スプレッドの狭さはあなたにとって負担になるので小さい取引会社を選んだほうが得します。ただ、同じFX会社でも場合によってスプレッドの広さは大きくなったり小さくなったりします。平常時はドルと円の組合せでわずか1銭のスプレッドの広さだったとしても市場の上下がとても大きい場合には1銭よりも広くなったりします。そういう訳で、スプレッドの広さが狭いのと同様に、変化が小さいのが必要です。近頃では決まったスプレッドの広さを表示するFX業者もいろいろ存在しています。現実に業者の取引画面の上で実際の為替レートを見て確認しなければ見分けられないので億劫ですが大切な事です。多額の財産を使ってエントリーするのですから本物のエントリーの前に、関心があるFX会社の取引口座開設を積極的にして提示されているスプレッド幅を知っておきましょう。同じ通貨のペアでも、その時間帯の外国為替市場の変動率(ボラティリティ)によって通貨ペアのスプレッドの広さは異なります。たいがい、銀行間取引市場で取引量の多い、流動性の高い通貨の組合せではスプレッドの幅が狭くそれ以外のペアでは広くなるのが一般的です。